転職・キャリア情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホテル阪神(大阪):料理人を過労死!!時間外100時間超!!

ホテル阪神(大阪市福島区)の料理人に月100時間を超える
時間外労働をさせていたとして、西野田労働基準監督署(大阪市)は2014年3月12日、
ホテルの男性総支配人(56)と運営会社の阪急阪神ホテルズを、
労働基準法違反の疑いで書類送検したと発表した。

料理人の男性が倒れて死亡し、発覚した。
総支配人は「人手が不足していた」と話し、容疑を認めているという。

送検容疑は昨年2013年7月、労使協定で定めた上限の月60時間を
超える時間外労働を、男性にさせたとしている。

労基署によると、男性(当時54歳)は昨年2013年8月上旬に倒れ、
脳幹出血で死亡。前月の2013年7月に月101時間の時間外労働をしていた。

男性を含め4人が90時間以上の時間外労働をしていたという。
阪急阪神ホテルズの広報担当者は「捜査には全面的に協力する」としている。

ホテル阪神 詳細

ホテル阪神 料理人過労死

阪神電車およびJR「福島駅」前のホテル阪神は、
梅田からひと駅の好アクセス。 阪神甲子園球場、キッザニア甲子園、
USJ、京セラドーム大阪、シンフォニーホール、 梅田スカイビル(空中庭園)などの
観光施設へも便利なレジャー拠点としてお勧めのホテルです。

ホテル阪神 住所

〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島5-6-16

関連記事