転職・キャリア情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニー(sony)のVAIO&Mobile事業本部リストラか!?業績不振でパソコン事業売却へ

ソニー(sony)が「VAIO」ブランドのパソコン事業の不振を受けて、
国内投資ファンドの日本産業パートナーズ(東京)と新会社をつくって事業を移す交渉に
入ったことがわかった。ソニーは新会社の株式の過半数を持たない方向で、パソコン事業を事実上、売却することになる。

ソニー(sony)はパソコンを含めた電機事業の赤字が続いており、
パソコン事業の立て直し策を検討してきた。新会社でも「VAIO」ブランドで販売は続けるが、
海外事業については撤退も含めて検討を進めている。

パソコン生産の大半はすでに他社への委託も含めて海外に移しているが、
国内では唯一、長野県安曇野市の拠点で一部の製品の生産を手がけている。

「VAIO」は1996年に発売され、洗練されたデザインなどで世界的に人気を集めた。
ただパソコンはアジアのメーカーなどとの競争が激しく値下がりが続き、
各社とも採算確保が厳しい状況だ。

最近はスマートフォンやタブレット端末が普及して競合も進んでいる。
新興国での販売不振もあり、ソニー(sony)の2013年度のパソコン販売台数は
580万台と前年の760万台から2割ほど落ち込む見通しだ。
朝日新聞より

これは衝撃ですね。
まさか「VAIO」のパソコン事業を売却するとは。

売却すれば、「VAIO&Mobile事業本部」はどうなるのでしょうか?
www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201204/12-064/

SONYのニュースリリースでは・・・

2014年2月4日、5日付の一部報道内容に関して2014年2月4日、5日(日本時間)に、当社が国内PC事業について日本産業パートナーズ(JIP)と新会社を設立する方向で検討しているという一部報道がありましたが、当社の発表によるものではありません。これまでお知らせしている通り、当社はPC事業についてさまざまな選択肢を検討していますが、これ以上のコメントは差し控えます。www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201402/14-0205/

「さまざまな選択肢・・・」謎ですね。

関連記事