転職・キャリア情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

残業ばかりの会社にはブラック企業!?印刷業界の真相

business_images03

私は以前、印刷関連業界で制作作業をやっていました。
そこでは仕事が大量にあって、連日連夜、残業が続いていました。
しかも休日出勤も当たり前で、日曜に休めるのは月に一度か二度でした。

それでも残業代が支給されたいたうちは、まだ何とか耐えられました。
しかしその会社では残業代の支給は最初の数か月だけであり、だんだん支給額が減っていくのです。
仕事量は同じで残業時間も同じなのに、不思議なことに毎月の給料は少しずつ減少していくのです。

今にして思えば、あれは正にブラック企業でした。
しかしその当時、まだ若かった私は会社と適切に交渉することも出来ずに、
何だかんだと経営者たちに上手く言いくるめられていました。

何も反論らしい反論も出来ずに、毎日毎日こき使われ続けてしまいました。
そんな状態が三年くらい続いた後、その会社は突然、店じまいしてしまいました。
倒産か自主廃業かよく分かりませんでしたが、たぶん計画的なことではないかと思います。
とにかく、残業がやたら多い企業はブラックかもしれません。要注意です。

関連記事